スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家出

 部長が俺の隣を通る時に、小声で「調子にのってんなこいつ」と云ったのを俺は聞き逃さなかった。

 親に泣き言を言ったら説教されてしまった。「お前はまだ子供だ。何も解っちゃいない。最低三年は続けろ。」と。子供と大人の定義はともかくごもっともだとは思うが、考え方が古臭い気もするんだ。そりゃあ、同じ職場に骨を埋めるのが一番安定してますけれども。しかし、会社でも家でも居場所が無いのは辛いな。心配して言っているのは理解できるが俺はギリギリなんだよ。本気で家を出ようかな。
 



 こんな書き込みを見つけた。

ニートがニートから脱出できない4つの理由

1.バイトの電話ができない
多くのニートにとって最大の難関が電話。
求人情報を見て、「この仕事いいな。」と思っても、
ニートの実に97.3%が結局電話できずに終わり、ニート脱出に失敗している。
ニートがバイトの電話ができない理由として次の3点が挙げられる。
?何を話したらいいのか、わからない。
?自分が本当にこのバイトをこなしていけるのか、自信がない。
?吃音なので、馬鹿にされたらどうしよう。

2.人と話すとパニックになるので商売ができない
ニートのほとんどの人が人と話すのが極端に苦手。
気心が知れた相手なら何の問題もないのだが、
例えば、コンビニバイトなど客を相手にするとなると話は変わってくる。
「仕事」として失敗が許されないプレッシャーと元々持っている対人恐怖症的な
傾向が一気に噴き出してきて、パニックになってしまう。
多くのニートたちが人と話すのが嫌で、ニートから脱出することを躊躇ってしまう。

3.ある一定以上の複雑な仕事が覚えられない
また、多くのニートたちは長い間「ものを考える」といった脳を使うという作業を
全くしてこなかったため、仕事を教えてもらっても中々頭に入らないことが多い。
経営者側はそれを「やる気がない」と捉えてしまいがちだが、あえてニートの
擁護をさせてもらえば、ニートは「決してやる気がない。」のではなく、
「仕事を覚えたくても、脳が活性化していないので頭に入ってこない。」のである。
そういったニートと経営者側の気持ちのすれ違いがニートのニート脱出を
妨げていると思えてならない。ニートには社会の温かい目が不可欠である。


>「仕事を覚えたくても、脳が活性化していないので頭に入ってこない。」
これだ。こいつのせいだ。


*元記事があったhttp://nsjweb.web.fc2.com/news_028.htm
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

アザ党'S

Author:アザ党'S
タイトルに騙されて時事関連のBLOGかと思った奴、残念だったな。ここは、大学卒業後、職にあぶれてニート、ヒキコモリ、アルバイター、派遣社員、リストカッター(プギャー)とあらかたダメなものを経験したあとIT土

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。