スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟の彼女

 俺が、いつも通り勉強したりネットしたり落書きしていると弟の彼女が部屋に入ってきた。何か漫画を貸してほしいと言うので、成年向け漫画のエリアから離れたスペースの辺りを指差して、「ここら辺から持って言っていいよ」と言った。そんなにこの家が退屈か?と少し腹も立ったが、まぁこの家じゃな。と納得をする。 
 彼女は俺の漫画を借りて部屋を出て行くものと思ったが、何故か布団の上に座り込み漫画を読み始めたではないか。なんだ?こいつは天使の人か?○チガイか?しかし、人の部屋でいきなり漫画を読まれては兄の威厳も糞もねぇ。仮にも他人の部屋ですよ?まぁ、女が自分の部屋にいるってこた悪くないし、むしろ気持ちがいいじゃないか。このまま暫く、ここで、漫画を読んで貰おうじゃないかと。
 しかし、普段は自分の脚しか見ることが無いので、女の脚というのはなかなか良いものだな。男の脚のスネ毛なんてものは、毛穴が脚中に広がっているのを想像してしまうし、足の方だってゴツゴツと骨っぽい。それに比べて女の脚は中に骨が入っていることも忘れるくらいスラリとしている。・・・「触りてぇ・・・」・・・しまった。一瞬声にだしてしまっただろうか。別に脚しか見ていないし、脚のことしか考えていないが、声に出してしまうと、感づかれる、というかそれ以上の淫らな妄想に耽っていたのではないかと思われてしまう。よりにもよって「触りてぇ」だ。いったいどこを触りたいというのだ。せめて何処をくらいは言っておくべきだったか?・・・
 少し、嫌な汗が流れた。恐る恐る、彼女の方へ頭を上げると、彼女は俺の方をじっと見ているではないか。俺は唇を震わせながら口実を考えた。「・・・た、ただの独り言だよ。・・・」ダメだ。緊張しながら言っても後ろめたいモノがあるのかと思われてしまう。「あ、・・あの・・・」自分で自分を追い込んでしまって益々緊張してしまった。
 しかし、顔を真っ赤にして震える俺を見て弟の彼女は、クスリと笑った。漫画本を布団の上に置き、両膝を抱え此方を見ている。




 ・・・そんな展開を望んでいましたが、弟と彼女さんは学び舎へ帰って行きましたとさ。しかし、泊まりで家族と談話しているのを見ると、あれだな。結婚前提というヤツだな。結婚式で、中島みゆきのわかれうた歌ってやる。

 よし、俺エロ小説書こう。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
アザは、結構文才もあるな。なかなかリアルで途中まで引き込まれたよ。
男は妄想はある意味特技だよな。病気ともいえるww

うちの妹はもう社会人3年目なんさ。チャラチャラしたのに更生して立派にやってるよ。
やっべーな、そろそろ兄弟の結婚とかリアルになってくんのかな、そうなったら喜ばしいんだけどなんか萎えるぜ。
  • 55#-
  • URL
  • 2006.11.05(Sun)
  • Edit
途中まで読んでて、ワナワナと震えながら『何だよっ!?結局そっち側の人間かよっ!裏切ったな。僕の気持ちを裏切ったな!』と思ってましたが、最後まで読んでこっち側の人間で安心しました。
  • (:D)| ̄L#X5XodAgg
  • URL
  • 2006.11.06(Mon)
  • Edit
触りてぇワラタwwwwwwwwww
どこまでが現実だったの?w
  • ジョージ#-
  • URL
  • 2006.11.06(Mon)
  • Edit
>>55
 ほう、ありがとう。
 妄想はいいよな。エロい妄想だけしてお金が貰える素敵な商売は御座いませんか?

>>(:D)| ̄L
 今も昔も俺はただの引き篭もりです。恋愛障害者一級は伊達じゃないのです。
 あと、リンクに加えさせていただきました。

>>ジョージ
 八割は妄想ですよw 彼女さんとは挨拶程度しかしてません。
  • アザトース#-
  • URL
  • 2006.11.06(Mon)
  • Edit

プロフィール

アザ党'S

Author:アザ党'S
タイトルに騙されて時事関連のBLOGかと思った奴、残念だったな。ここは、大学卒業後、職にあぶれてニート、ヒキコモリ、アルバイター、派遣社員、リストカッター(プギャー)とあらかたダメなものを経験したあとIT土

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。