スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○○システムDQN回顧録11

 いつの間にか新しい社員が入っていた。その人は中途でいきなり副主任という役職に付いた。あとは契約社員の方とか色々。当然辞めていく人もいた。出入りの激しい職場だ。
 4月に入りどうやら俺はその副主任のプロジェクトに入れられるようだ。はっきり言って自分に出来るか分らないので物凄く不安だった。まぁ不安は辞めるまで続くわけだが。

 新プロジェクト初日、10時になり頭もクラクラしてきたので俺は帰ろうと思った。大島さんから「9時くらいになったら帰っていいですよ」と何度も聞かされていたので同じ調子で帰ろうとした。しかし、帰ろうとすると副主任がいきなり怒鳴る。「てめぇ何帰ろうとしてんだ!」「派遣の人も残ってんだからお前も帰るな!」ちなみに正社員は殆ど帰っている。プロジェクトの進捗と関係ない良く分らない理屈で午前まで残されてしまった。その時俺は確信した。「・・・・こいつは脳筋に違いない。」まさしく脳筋だった。俺はこの後も脳筋に悩まされる。・・・・悪い人じゃないんだが筋肉部分が多すぎだな。

 そのプロジェクトはどうやらハゲの主任が放置し契約社員さんに○投げし契約社員さんは知らない言語でお手上げ状態酷い最悪な状態で副主任にバトンタッチされたプロジェクトだった。これはもうデスマにならざるを得ない。

 毎日、毎日、毎日11時、12時、午前まで残って休日も出て作業した。当のハゲ主任はというと「俺の担当するところは違うから」と言って手伝わない。
 休日は副主任と二人きりで作業。副主任は主任の文句タラタラ。「あいつ本当は出来ないんだぜ(プログラムが)」「俺に○投げしやがって。責任者は主任だろ!!?」文句を言われても困る。直接言ってなんとかして欲しい。副主任も休日に出てきて大変だろうが、何も知らない出来ない俺も休日オール出勤で死にそうだった。生きている意味が分らなかった。

 皆さんからの粘着質な嫌がらせではない角度からまた違うストレスが溜まってきた。退社途中のゴミ箱を蹴り飛ばしたりした。主任を呪った。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

アザ党'S

Author:アザ党'S
タイトルに騙されて時事関連のBLOGかと思った奴、残念だったな。ここは、大学卒業後、職にあぶれてニート、ヒキコモリ、アルバイター、派遣社員、リストカッター(プギャー)とあらかたダメなものを経験したあとIT土

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。