スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式会社○○○システム DQN回顧録5

株式会社○○○システム DQN回顧録5

9月になった。

 部長に新しく仕事・・・というか課題を振られた。ACCESSのVBAで簡単なアプリを作るというものだった。俺はその頃はまだ必死だったので家でもその仕事を持ち帰りコーディングをした。結論を先に言ってしまうと・・・動きはするが中身がグチャグチャで酷いものだった。
 ただ、俺はこのアプリのために本を5冊は買いネットで毎日質問しまくった。ネットの向こう側で助けてくれた方ありがとうございました。

 この頃、女性社員が派遣から帰ってくる。一人は俺の席の隣の方だ。まぁ、大島さんなんだが。大島さんは最初の頃をACCESSの本を貸してくれたりしたのだが、数日経ったら態度が変わった。変わったというか・・・他の上司と同じになった。俺がため息をついていたせいか、頭を抱え込んでいたせいか知らんが、小声で「キモイ」を連呼する。追い込まれる。

 ため息が止まらなくなった。
 
 主任「ため息は一番簡単なストレス発散方なんだからね」
 
 副主任「ハァ?」(俺がため息をつくと真似をする)

 もうすでに限界だった。便所で泣くようになった。
 休日になるとサザエさん症候群が酷すぎて吐き気と頭痛がした。通院を再開する事にした。だが、薬は俺を助けてくれなかった。一日中ボーっとしてクラクラする。そして・・・それもネタに笑われる・・・

 「デパスww」


 10月
 
 アプリを完成させたのは9月だったか?忘れたが。
 それなりに動くものだったので部長は俺を登用することにしたようだ。この時断ればよかったと後悔している。正社員になる事が決まった後部長がアプリの中身の確認をする。酷い出来だったそうだ。俺もそう思うが。部長が慌ててコードをプリントしてみんなに見せる。

 「見てよwwこのソースwwww」

 使えない奴を社員にして焦っているようだった。もしかして俺はとんでもない所にいるんじゃないだろうか。どんなブラックでもここまで人間の糞のバイアスが掛かった掃き溜めはないんじゃないのか。試用期間で辞めようと思った。これじゃ潰れる。また、俺は未遂をやる。逃げなくては・・・
 主任は「そういうのは経験を積んでいけばいいものじゃないの?」と言ってくれた。この人はマトモだ・・・なんて思っていた。あの時までは。
 
 

 この月に飲み会があった。部長は社長に俺が如何に使えないかを話す。副主任に「この会社は足掛けだって??糞!!」と言われる。
 

 一人でいるのが限界だった。会社からブログのコメントを何度も読み返した。「俺には顔は知らないが応援してくれている友人がいる」そう思い続けなくては感情が噴出しそうだった。当時のブログの記事はおちゃらけた事を書いているが藁をも掴む思いだった。

 コメントをくれるのがいちいち嬉しかった。

 この頃にはもう会社にブログはバレていた。

 もうどうにでもなれ。金だけ貰えればいい。クビを恐れなければいい。そう思うことでギリギリのラインで社会と俺とは繋ぎ止められていた。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

アザ党'S

Author:アザ党'S
タイトルに騙されて時事関連のBLOGかと思った奴、残念だったな。ここは、大学卒業後、職にあぶれてニート、ヒキコモリ、アルバイター、派遣社員、リストカッター(プギャー)とあらかたダメなものを経験したあとIT土

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。