スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グロブンガク「復讐者に憐れみを」

復讐者に憐れみを@cinema topics
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
パク・チャヌク監督による“復讐三部作”の第1弾となる、『オールド・ボーイ』の原点とも言うべきバイオレンスアクション。ソン・ガンホ、シン・ハギュン、ペ・ドゥナという錚々たるキャストを迎え、3人の男女が織り成す壮絶な復讐劇を描き出す。R-18作品。


グエムルのソン・ガンホとペ・ドゥナが共演しているので観ました。

 聴覚障害の主人公、腎臓移植が必要な姉、テロリストのユンミなど個性的な登場人物が揃っているが悪く言えば取り止めがない。おっちゃんにはキャラ設定見ただけでお腹一杯やで。
 グエムルには韓国人特有の生臭さがコメディタッチの演出と上手く調和していたが、18禁とあってこの映画は生臭すぎるw
 主人公に娘を誘拐される社長の会社のリストラされた社員が社長の前で腹を切るシーンなどはあざとくて鼻につきますな。
 SAWはグロスタイリッシュで多少の荒は目立ってもクール好きサブカル志向の一般人には受けましたが、復讐者に憐れみをはグロブンガク的というか。桜の樹の下にはのようなジワリと来るグロテスクではなく映像でまんま見せてしまうのはやはり文学ではなくブンガクかと。ラノベ的というか。
 しかし貧富の差を衝くような、社会派の映画でもあると思うので観ても損は無いですな。
ユンミ役のペ・ドゥナも失禁しながら壮絶な死に方をするのでグエムル、リンダ3でペ・ドゥナにハマった諸君は度肝を抜かれるからお勧めである。

 ちなみにペ・ドゥナのベッドシーンがあったが、韓国でも女優は劇中で脱いで一人前みたいな風潮があるのだろうか。ペ・ドゥナのベッドシーンは手話で主人公と話しながらのSEXでうれしいものではなかったが。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
あたしも見ようかな
  • 名無し#-
  • URL
  • 2008.01.09(Wed)
  • Edit
>>ななしさん
そこそこですよ。そこそこ。
  • アザ#-
  • URL
  • 2008.01.09(Wed)
  • Edit

プロフィール

アザ党'S

Author:アザ党'S
タイトルに騙されて時事関連のBLOGかと思った奴、残念だったな。ここは、大学卒業後、職にあぶれてニート、ヒキコモリ、アルバイター、派遣社員、リストカッター(プギャー)とあらかたダメなものを経験したあとIT土

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。