スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族の方が気持ち悪いw「グエムル」

グエムル公式サイト
江から突如上陸した黒い両生類のような怪物(グエムル)は、河原の人々を捕食殺害し、露店の男カンドゥの娘、ヒョンソを捕まえて水中へ消えた。ヒョンソは怪物の巣の下水道から携帯電話で助けを呼ぶ。一方、在韓米軍は怪物は未知の病原菌を持ち、感染したとみられるカンドゥを捕えようとする。カンドゥと一家はヒョンソを救う為に追われながら怪物を探す。

 物体Xでデジモン進化を遂げた怪物と気持ち悪い家族を織り交ぜて撮った作品。韓国人にしか分からないようなメタファやアイロニーだらけで日本人には理解できないと酷評する人間もいるようだが、韓国人特有の気持ち悪さや生臭さは伝わってくる。俺の中の韓国であるペ・ドゥナを差し引いても面白い映画であった。

 さて、そんなことよりペ・ドゥナである。
 ペ・ドゥナは主人公の叔母さんのパク・ナムジュを演じる。アーチェリーの選手であるナムジュは、劇中の頭で銅メダルを獲得し死んでいない主人公の葬式に銅メダルと共に登場する。中盤ではパク一家と共に怪物にさらわれた主人公を探し、終盤は怪物に炎の矢を放つ。終始ジャージ姿でアーチェリーを背負って活躍する。劇中でかなりキャラの立っている役である。
 ジャージで葬式に登場するシーンで「ああ、やばい。俺多分ペ・ドゥナにハマる」と思ったが案の定ハマってしまった。ではグエムルでのペ・ドゥナの素敵ポイントを紹介しよう。

素敵ポイント1・ジャージ・・・劇中では学生であるかは判断できないがジャージ着用である。運動時に着るため、ジャージには体液が染み付く。体液というものはエロス時に多く分泌されるものである。故にエロスである。学童が着るイメージがあるので、手を出すと背徳感を感じる。

素敵ポイント2・アーチェリー・・・弓矢で怪物と戦う姿はロードス島戦記のエルフを想起させて分かりやすい。分かりやすいのは嫌いだが、中身がペ・ドゥナであるので二次元萌えオタは寄ってこない。安心してサブカル男にも楽しめる分かりやすさである。ラストの炎の矢も分かりやすすぎて失禁しそうだった。

素敵ポイント3・身長171cm・・・俺と同じ身長である。非常にシンクロニシティーを感じてしまう。きっと兄弟に違いない。とかキモイ事ばかり考えてしまう。

 無論、演技やルックスも含めての素敵である。


なぜ『グエムル』は日本でコケたのか?ちなみにこの記事は前田有一の評論を参照しているあたりは非常に信用できない。前田氏の劇場版トランスフォーマーの評論はTF者にとって納得できるものではなかったので。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
(   ')3(`) ペドゥナでけぇwww
  • ポー君#-
  • URL
  • 2007.12.21(Fri)
  • Edit
僕らのマイノリティ女優ですから
  • アザトース#-
  • URL
  • 2007.12.21(Fri)
  • Edit

プロフィール

アザ党'S

Author:アザ党'S
タイトルに騙されて時事関連のBLOGかと思った奴、残念だったな。ここは、大学卒業後、職にあぶれてニート、ヒキコモリ、アルバイター、派遣社員、リストカッター(プギャー)とあらかたダメなものを経験したあとIT土

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。