スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存確認

オクの発送のために一時帰還せり。これぞダメ人間クry

 会社は昨日と変わらない。放置状態で民法の勉強&2ch。息抜きにプログラム。
 そんなくだらない事より、映画「幸せのちから」を見た。ストーリー云々は、公式サイトや他サイトのレビューを見れば良いが、重要なのは我々のような無職や派遣、フリーター、憂鬱リーマンにとって非常に望みのある映画だったということだ。この映画はクリス・ガードナーの半生を映像化したものだ。クリス・ガードナーを知っている人間にとってはこの映画のストーリーなど聞かずもがなであるが、知らぬ人間にとってはかなり楽しめる映画である。俺もこの映画を見てクリス・ガードナーが実在の人物だと云う事をはじめて知った。
 昨今の日本は先の見えない状況が続いている。新卒は売り手市場だというが、我々のように取り残された連中にとっては地獄はまだ続いているのだ。そのような絶望的な状況で希望が見えなくとも努力する姿勢というのは非常に大事である。我々のように一度歩みを止め、出来のいい同期達は二歩も三歩も一万歩も先に行っているとしても、我々は絶望してはならない。絶望したら、それこそ死ぬか殺すか宅間しくなるしかないではないか。
 この映画はそんな我々のようなダメーズを普通人間ロードへと導いてくれるだろう。まぁ映画程度で感化されて人生変われば苦労なんざしねぇが。
 ともかく「どろろ」か「幸せのちから」どちらを観ようか迷ったが、「幸せのちから」を観て正解だったと思う。どろろはレンタルで観るがな。


 話変わって
 http://news.livedoor.com/article/detail/3059673/
これ、今の俺ジャン。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  • 2007.03.05(Mon)
  • Edit

プロフィール

アザ党'S

Author:アザ党'S
タイトルに騙されて時事関連のBLOGかと思った奴、残念だったな。ここは、大学卒業後、職にあぶれてニート、ヒキコモリ、アルバイター、派遣社員、リストカッター(プギャー)とあらかたダメなものを経験したあとIT土

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索



無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。